一大産業 配送における輸送の役割

いま、日本の配送技術の高さは世界でもトップレベルにあると思います。その中でも輸送は、主な配送手段です。

一大産業 配送における輸送の役割

配送における輸送の役割

何かを購入して持って運べないような大きなものや重いものを運んでもらうときに、配送の業者さんがいてくれて本当に良かったなぁと、よく思います。
インターネットが日本に普及したことで、店舗で品物を見て購入しなくてもネット上で写真を見て、どのような商品かを確認して注文することが出来ます。
このようなときの配送手段としては、日本では輸送が主なのではないでしょうか。

私は仕事で3年ほど配送の関係の会社で仕事をしていたことがあります。
トラックで運ばれ来た商品を、大型の商業施設に納品するというのが主な業務内容で、各店舗から日本の全国各地に向けて輸送される商品の集荷の業務も行っていました。
今の日本の配送技術の水準が高いなぁ、と感じるのは、例えばインターネットで注文した商品が日本国内であれば、2日ほどで届くというスピード感のある対応です。

天候や交通状況、季節などによって配送が多少遅れることはあっても、欲しい商品がすぐに手元に届くということは、消費者側からしてみれば、とても嬉しくありがたいことだと思います。
それからもう1点、日本の配送技術の高さを感じるのは、荷物を届ける時間帯を指定出来るというサービスにあります。
2時間ごとに区切られた時間帯の中から、自分の都合の良い時間帯を指定して、その時間帯に届けてもらうサービスです。

消費者にしてみれば、他に何か予定があっても指定した2時間の間だけ家にいればいいのですから、このサービスは本当に助かるものだと思います。
しかしこのサービスによって、配送する業者側はなかなか大変な苦労を強いられることもまた事実ではないかと思います。
日付だけ指定してある荷物ならいいですが、時間帯まで指定してある荷物ですと、その荷物を決められた時間帯に配達しなければ、お客様からのクレームの原因になります。
お客様の中には指定した時間帯に在宅していないというケースも中にはあると思います。
こういうケースでは、時間または日をおいて再配達する必要があるので、業者側にしてみると、なかなかに大変な作業だと思います。
忙しく働く日本人の求めるサービスのあり方の中で、輸送は需要な役割を担っていると思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2018一大産業 配送における輸送の役割.All rights reserved.